ピクピクする。痙攣

一人で苦しまないで、仲間がいる!

取材を受けました

NHK高松放送局の取材を受けました

2016.02.11に取材を受け、放送された分を送ってくれました。
画像の説明
映像はNHKの許可を得て投稿しています。
治らない病気と誤解されるような表現もありますが、決して寛解しない病気ではありません。
本編であっしも言っていますが、即効性が無く時間がかかる治療です。
適切な治療を早期に始めれば寛解の可能性も高くなります。
焦らず諦めず治療を続けて行きましょう。

放送では掲示板の書き込みで被害が拡散したと言われていますが、書き込みも悪意があった物ではなく、藁をも掴みたいと思う患者の心に付け込んだ医科学的な根拠のない悪質な民間療法に注意を促す物です。

掲示板は患者さんの心のよりどころ、交流の場、情報交換の場として活用していただきたいと思います。

何度も申していますが、なにがし療法が全て悪いとは言いません。
適切な治療を受けながらこれらを並行して行う事でご自身の精神が安定すると言う意味あいでは効果がある物です。

病院の医師などと同じように国家資格が必要な施術は、『あん摩マッサージ指圧師』、『鍼師』、『灸師』、『柔道整復師』の4つです。
整体、カイロプラクティック、リラクセーション、気功、アロマテラピー、○○セラピスト、国際中医師免許等々と呼ばれる多数存在するその他については法的資格制度がなく、医業類似行為 『民間療法』 と位置づけられています。

国家資格が必要な施術は、何々に効果があると効能を掲げてなならないと言う規制がかけられていますが、法的資格不要な施術に関してはそう言った規制がないため、肩こりに効果がある等と効能を掲げている所が少なくない。
そのため患者はどうしてもその看板に目を奪われ無資格施術院に行ってしまう傾向にあります。
そのため、かえって悪化するなど逆効果になっている例が厚労省などに報告されています。
重篤な被害を受けている例も散見され、大々的に効能を掲げている施術院は信用できないと思っても過言ではありません。
写真は被害の一例です。
民間療法被害

例え国家資格を有する施術を受ける場合でも、自身の病態や持病の有無などを勘案し、やってはいけない事も多々あるので、医療機関以外に受けたい場合は事前に主治医とよく相談の上、適正な施術を受けるようにしたい物です。
決して国家資格及び民間療法いずれでも自己判断で行ってはいけません。
まずは主治医、家族や友人などに相談する事が悪質な療法に引っかからないために肝要です。

厚生労働大臣認定と書かれている免許証?を掲げている所も結構あります。これは、一般社団法人○○協会、NPO法人○○と言う団体を厚生労働省が認可したと言う証書です。つまり、資格『医療行為』を認可しているのではありません。いかにも信用性がありますが、名前に騙されてはいけません。あくまで法的資格の無い民間療法です。

上手に各種療法を利用していただきたいと願う物です。

新聞に掲載されました

薬事ニュース社2014年12月5日発行の新聞に掲載されました
s_1 (1)
転写、転載は固くお断りします
薬事ニュース社より許可を得て掲載しています。
2014.12.11desura-

ご意見、ご感想等をお寄せください。今後の活動の参考にさせていただきます。


認証コード(7315)
  • 一般の方にはまず目に触れる事の無い新聞ですが、
    医療関係者に一石を投じる機会になれば幸いです。
    薬で発症する人が一人でもいなくなり、
    突発性も含め、ジストニアの事を広く世間に知ってもらえる事を願う物です。 -- desura- 2014-12-12 (金) 20:08:24

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional